2006-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

breakfast

0731br.jpg

焼きたてパンとチーズにレバーペースト。果物はチェリーとあんずを山盛りだ。

スポンサーサイト

preparing dinner

0730ri.jpg

夕食で食べるのはたいていライスだ。スープのときはじゃがいもを入れるのでライスは炊かないが。お米はまず洗って、ゆでて、焼く。蒸す。お米を洗った水は、植物にやる。世界中どこでもやることは同じだ。

0730ve.jpg

これは少しだけ香りのある野菜。刻んで、加熱して、冷めたらヨーグルトに入れる。これは料理にかけるヨーグルトソースとなる。

0730di.jpg

夕食はライスにゴルメ。ヨーグルトソース。緑の野菜。


market

日曜日なので、朝食の後は市場へ。天気のいい日で、きれいな切り花が売っていた。

0730ma1.jpg

いつもどおり、大量の野菜と果物を購入。冷蔵庫の上から下まで詰めた野菜と果物は、すべて今日買ったもの。

0730ma2.jpg

0730ma3.jpg

上はネクタリン。右下の引き出しにはチェリー。段ボール1箱買ったのだ。左下の引き出しは、トマト。なすも一つ入れた。

0730fr.jpg

そしてこれも段ボール1箱で買った。山盛り。あまい。


breakfast

0730br.jpg

パン、ハム、トマト、チーズとジュースの朝食。


dinner

0729di.jpg

夕食はオーブンで焼いたケバブ。ケバブを作るときはザクロのスパイスを入れる。このスパイスは少しすっぱい味がするが、ケバブが焼けると独特の風味に変わり、おいしい。なすも一緒にオーブンで焼く。


breakfast

0729br.jpg

朝食。焼きたてのパンとチーズに野菜。ガラスに入っているのはジュース。バナナやペアをミックスしてある。味は… ご想像どおり。

dinner

0728di1.jpg

夕食は、鍋ごと食卓に運ぶ。肉と豆と野菜の煮込み、ゴルメという。ライスに盛って、ヨーグルトをかけて食べる。盛りつけるとこんな感じ。香りの野菜も忘れずに。

0728di2.jpg


watermelon

0728fr.jpg

夏はのどが渇いたら、すいか。半分に切って、切りこみを入れ、フォークで刺しながら豪快に食べるのだ。


breakfast

0728br.jpg

朝食。魚の薫製と作り置きのピザ。野菜はトマトときゅうり。バナナも。


dinner

0727di.jpg

スープの夕食。ケバブが入っている。味つけは塩、こしょう、ターメリック。


breakfast

0727br.jpg

定番になってきた朝食のメニュー。


BBQ

0726bb1.jpg

森の中でグリル。ひき肉にスパイスを入れてこねたケバブとトマト、なすを焼いた。

0726bb2.jpg

トマトとなすはつぶす。中からジュースが出てきてやたらにおいしそう! ケバブを入れる。

0726bb3.jpg

キッチンで作ってきたライスにかけて食べる。香りの野菜も忘れずに袋に入れていた。

0726bb4.jpg

この鳥、森の中にたくさんいる。BBQのいいにおいに近寄ってきた。

0726bb5.jpg


breakfast

0726br.jpg

ハム、チーズ、きゅうり、バナナの朝食。チーズはモッツァレラ。パンに全部をはさんで食べる。


dinner

0725di.jpg

スープ。チキンと野菜ですでにいい感じの味だが、そこにいろいろなスパイスが入る。ターメリックとパセリのようなものやら、クミンのようなものやら。レモンを丸ごと乾燥させたようなスパイスも割り入れる。こうなるともう、普通のチキンスープとは味がまったく違うのだ。


in the forest

食事が終わってひと休みしたら、森へ。小さな森だが、歩いてみると色々な発見がある。下の写真はそこら辺に生えまくりの野生のブルーベリー。その下はブラックベリーだがまだ実は固く、緑色をしている。

0725fo1.jpg

0725fo2.jpg

下の写真はりんごの木。その下はラズベリー。

0725fo3.jpg

0725fo4.jpg

0725fo5.jpg

こんな。甘い。


breakfast

0725br.jpg

朝から焼いたパンとハム、きゅうり、野菜。ブリトーのようにくるっと巻いて食べる。

dinner

0724di.jpg

ゴルメ。白いんげんのような豆が入っている。ヨーグルトソースと香り高い緑の野菜は欠かせない。

don't make your stomach empty

0723fr.jpg

ネクタリンと赤・黄のプラム。プラムは皮が少しすっぱい果物だが、果肉はとても甘い。小腹が空いたときに食べる。
お腹を空にするのはよくない。胃酸で胃壁を溶かしてしまうからだ。「お口くちゃーい」の原因にもなる。仕事中であろうとなんであろうと、数時間お腹が空っぽだったらお菓子ではなく、果物でちょっと満たす…とよいらしい。


dinner

0723di.jpg

ゴルメ。と呼ばれる料理。肉、野菜、豆を煮込んだものだ。手前はヨーグルトソース。香りのよい緑の野菜が入っている。隣にはメロン。手前にあるコニャック用。コニャックを飲むときは、喉が焼けるのを防ぐため、メロンを食べる。これって一般的なのだろうか?

kebab

0723ke.jpg

買った肉のうちいくらかはミンチにしてもらった。ケバブ用だ。ケバブを作るときはザクロのスパイスをたくさん入れる。レッドペッパーよりは少しピンクがかったきれいな赤色のスパイスだ。黄色いのはターメリック。よく混ぜて、寝かせる。

halal meat

0723me.jpg

市場の帰りにイスラムの肉屋に寄る。ハラル・ミート。ハラルというのはイスラムの律法にしたがった食べ物のことで、この店で売っている牛はイスラムの作法に従って屠殺された牛だということだ。


market

0723ma1.jpg

朝ごはんが終わったら、日曜日は一週間の食料を買いにマーケットに行く。屋外のテントには新鮮な野菜や果物が並んでいる。みんな一週間分を買いにくるのだ。

0723ma2.jpg

0723ma3.jpg

0723ma5.jpg

まるでフリーマーケットのように見える。というより、これはフリーマーケットだった。移民が勝手に開催している市場で、政府は認めていないらしい。移民たちのエネルギーは誰も止めることができないようだ。食べるもの、着るもの、雑貨、生活に必要なものほぼすべてがここで手に入る。しかも世界中の物産が揃っている。

breakfast

0723br.jpg

サーモン、チーズ、トマト、緑の野菜、レバーペースト。朝の飲み物は紅茶。

breakfast

0722br.jpg

サーモン。でもこの緑色の草をつまみながらだと不思議と食欲が出てくるのだ…。バターもオーガニック。


dinner

0721di.jpg

サーモンのフライ、ライス、サラダ。サーモンはアラスカ産のまるごと1尾を冷凍で買い、カットして、素揚げする。サラダの味つけは塩とレモンで。

breakfast

0721br.jpg

少しずつ残ったサーモン、チーズ、野菜にトマトが加わった朝食。夕食の残りのスープも食べる。

breakfast

0720br.jpg

朝食にサーモンと自家製のパンとチーズ。緑色や紫色の野菜は香りが強いので、食欲増進のために生で食べる。毎週末の市場で手に入れるものだ。

«  | HOME |  »

プロフィール

kumoki

Author:kumoki
砂漠人に学ぶナチュラルライフ
English readers click here

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。