2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シジュウカラ、ヤツガシラ。

昨夜は小雪がちらついたヨーテボリだが、今日はシジュウカラが鳴いていた。春が近いな… とわくわくしつつも、まだ気を緩めないよう自分を戒める。なんといってもここは北欧なのだ。森にはまだ凍った雪が少し残っている。春の花が咲き始めるまではじっとこらえて、話はひきつづきイランのことにしようと思う。
シジュウカラという鳥の姿や鳴き声は、じつは今日初めて知った。わたしは鳥にはまったく興味がないタチだったが、イランでの生活で多くの動物に触れて以来、鳥にも少しだけ関心を持つことができるようになったのだ。今日は鳥の鳴き声を聞いて、双眼鏡で観察してから調べたのですぐに分かった。シジュウカラは頭が黒く、頬が白、肩がモスグリーンで、腹が黄色という特徴がある。今度また見たら、きっと見分けられるだろう。
調べものついでにずっと気になっていた鳥のことも探ってみた。それはイランの家で見た、めずらしい鳥のことだ。

DSC_0394.jpg
自宅の庭にて

そうしたら、この鳥は「ヤツガシラ」と呼ぶことが分かった。イラン滞在中は家の二階から一人で黙ってぼーっと景色を眺めるのがなによりの楽しみだったが、この鳥が現われたときは思わずカメラを手に取ったものだ。カシラの部分に圧倒的な迫力があるし、色にも凄みがあるので、一度見たら目が離せない。
こんな鳥がひょこっと現われるのだから、本当におもしろい場所だと思う。たびたび紹介しているけれど、これが将来砂漠人と一緒に住む(予定の)我が家である。

DSC_0083_20110329033211.jpg
階段がついて、窓が入って、ベランダの柵がつきました

向かって右側の小部屋の窓から庭を眺めると、牛小屋と小さな家のある庭が見渡せる。

DSC_0138_20110329033249.jpg

なんにもないように見えるこの庭でなにを見ていたのか、追々書いていこうと思う。

コメント

ヤツガシラ、実物をぜひ見てみたいものです。

新居は1階がブロック、2階がレンガ造りなんでしょうか。
我が家もブロックで造りましたが、外断熱なので外からブロックと分かりません。でも室内はブロックむき出しです。
倉庫みたいですが慣れました。

そのとおりです。1階は倉庫、2階が生活するところです。
ブロックはなんと自家製なんですよ。
この家は鉄骨が入っていますが、
レンガを積み立てただけの家はけっこうあります。
その場合、たいてい平屋ですけどね。
このあたりの家は、外壁はレンガの上に大理石を貼り、
内装はセメントとなにか特別な土(塩分のない)を混ぜたもので補強し、
その上に白い顔料かなにかを混ぜたもので壁を塗るようです。
うちはまだすべてがむき出しですが、、、

でも移住する頃には年寄り二人(?)、
レンガの平屋を新しく建てて住んだ方がいいような
気がしています。

内装がブロックのお部屋?
ものすごく興味が沸いてきました!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sabakujin.blog55.fc2.com/tb.php/819-cabb5d76
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

kumoki

Author:kumoki
砂漠人に学ぶナチュラルライフ
English readers click here

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。