2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

種のおつまみ

イランでは市場で売っていて、誰もが食べていたヒマワリやカボチャの種。日本では食べる習慣がない(と思う)けれど、世界的にはめずらしくないようだ。砂漠人に初めてお土産としてこれをもらったとき、わたしは食べ方を知らなかったので殻ごとボリボリと食べていたのだが、本来は殻を取り除いて、中身の種だけを食べるのだそうだ。相当量の殻を食べたと思う。でも特に問題はなかったよ!

DSC_0129.jpg

ベテランになると、種をひと粒くわえて、器用に殻を出すことができる。種のとんがった部分を前歯で軽く噛むと、パカッと殻が割れて種が出てくるのだ。言うは易く行うは難しだが、30個くらい食べれば誰でもベテランになるのではないだろうか。

DSC_0122_20110422005545.jpg

たくさん買ったら冷凍庫で保存できるけれど、食べる数回分の量だけ出して、乾煎りすると風味が戻ってくる。ちなみにこれは塩のついたおつまみだが、生のカボチャの種も捨てずに煎って塩をふれば、おいしいおつまみになる。ビタミンとミネラルも豊富だそうです。

コメント

我が家で飼っていたハムスターのムーちゃんもひまわりの種を両手で持ち、種のわきを
かじって割り、中の白い実(?)だけ食べてました!ヒマワリの種見たら思いだした。

おお、ハムちゃんを飼っていたんですね?
殻を割って食べるのは常識のようです。
わたしが殻ごと食べていたと知って、アビは相当驚いていました。
ハムスター以下の知恵…?

種はちょうどいい塩加減で
やめられない とまらない♪
になりますよね。

ひまわりの種はわりと割れやすいけれど、
種類によっては難しいのがあって、かなり食べないとベテランにはなれなそうな・・・。
トホメ・ジャポニ(ってなんの種??)とか、難しくないですか?

ちなみにアメリカでもひまわりの種はよく売っているのですが、
皮ごと食べて、皮をかんでいる人(噛みタバコかガムの代わり?)もいるらしく、
旦那を含めたイラン人は「野蛮だ!」という反応です。
カウボーイには似合いそう?

トホメ・ジャポニ? 何の種でしょう? 日本から来ているものですよね。

アメリカ人が皮を噛む話、たしかに野蛮なイメージかもしれません。
ただ種を食べること自体、あまり優雅な文化には思えないのですが、、、
というのは負け惜しみ?
栄養があるし、安上がりだし、実際は賢い食文化ですね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sabakujin.blog55.fc2.com/tb.php/829-b9da082a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

kumoki

Author:kumoki
砂漠人に学ぶナチュラルライフ
English readers click here

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。