2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グリーンピース

砂漠人はいつも、穫れたての豆がどんなにおいしいかを力説する。旬の豆といえばグリーンピースにスナップえんどう、大豆(枝豆)くらいしか思い浮かばないが、彼が言うのはどうやら白インゲン豆のことのようなのだ。そういえば生の白インゲン豆は見たことがない。トルクメニスタンでは一般的に食べられているそうだ。

DSC_0110.jpg

市場で買ったグリーンピースに根の出ているものがあったので、そのまま土に埋めてみた。案の定、芽はぐんぐんと伸びて、数週間経った今は葉も開いている。このままいくと、蔓が伸びて支え棒が必要になるのだろうか。窓際に置いて、ガラスを伝わせるようにしようかと思っている。
根の出ているグリーンピースは、平行して水栽培もしてみた。こちらも順調に伸びているようだ。葉の大きさや蔓の長さにそれほど違いは見られないけれど、心持ち茎の太さが細いように思う。水栽培の方の植物を観ていると、どうしても「もやしっ子」という言葉を思い出してしまうな。

コメント

グリーンピース

グリーンピースから根が出ている状態を見たことがない!
植物も見るのは初めてかもしれません。
つるがどんどん延びていくのが楽しみ~!

私も白インゲン、食べてみたいなぁ。

豆類の葉って、全部同じに見えるのは気のせい?
豆から芽が出ているのには、わたしも驚きましたよ。
いま窓側に倒しているけど、つるつるしたガラスを這うかどうか、微妙なところです。

ね、新鮮な白インゲン、食べてみたいね!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sabakujin.blog55.fc2.com/tb.php/835-6d5bc242
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

kumoki

Author:kumoki
砂漠人に学ぶナチュラルライフ
English readers click here

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。