2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美しく住まう

スウェーデンに住んで、「すばらしいな」と思うことの一つは、住環境だ。わたしたちが住んでいるのはヨーテボリの街の中心からバスで10分ちょっとの住宅街で、スウェーデンでは標準的なフラットなのだが、来たばかりの頃はその水準の高さに圧倒されたものだ。なにが日本と違うかというと、「気分的な広さ」。敷地に対してゆとりを持って建物が配置されているし、歩道や花壇も効果的に配置されている。だからちょっとゴミを捨てに行くときでさえも、非常にいい気分で外を歩くことができる。歩道は、人間が気持ちよく歩くために敷かれている! というような気がしてくるのだ。

DSC_0009_20110511050753.jpg

DSC_0169_20110511050829.jpg

DSC_0194.jpg

DSC_0189_20110511050941.jpg

DSC_0184_20110511051016.jpg

特に急激に花が開く春は、人間が美しく暮らす様子をイメージしてこの住宅がデザインされたということがよく分かる。しかも里山を切り開かずに、それに寄り添った形で住宅街を建設している。それはお金のある人が土地を買って好き勝手に住宅を建てられないよう、法的に措置がとられていることが日本と違いの一つだと砂漠人は言う。スウェーデンでは住宅、医療、教育、雇用、文化において、商業的になりすぎないような政策が取られてきたそうだ。もっとも最近は変わりつつもあり、あらゆる局面で商業的側面を実感するのも事実だけれど。

DSC_0001_20110511051058.jpg
それでもやっぱり故郷に帰りたい砂漠人

コメント

花が一杯ですね。
桜の桃色がとても濃いですね。
本当に緑のスペースが沢山あって伸び伸びした気分になれますね。
砂漠人さんの帽子、お父さんのお下がりとは思えないほど馴染んでいます。

父とアビ(砂漠人)は頭のサイズが同じのようです。
頭の形はおそらく縦長と横長で違うでしょうけど!

この季節は、突然の環境の変化に気分も大きく変わります。
自然だけじゃなく、スウェーデン人もやさしく見えるような気がするんですよ。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sabakujin.blog55.fc2.com/tb.php/836-3af10aa3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

kumoki

Author:kumoki
砂漠人に学ぶナチュラルライフ
English readers click here

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。