2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

穂高養生園

不思議な縁のある友人がいる。彼女は美大で働いていた頃の同僚なのだが(以前にも書いたことがある)、同じ時期にわたしと似たような問題を悩み、紆余曲折を経た結果、これまた似たような出口にたどりついた人だ。当時の悩みの内容を述べることは控えるけれど、結論から言えば彼女はいま森の中に住み、アーティストとしての仕事をしながら自然と共生する暮らしを実現している。
わたしの場合、人生のあらゆる側面が劇的に変化したのはもっぱら砂漠人と出会ったことによるのだが、彼女は問題を抱えたときから一人でいろいろなことに挑戦し、人生において自分の求める方向を次々と導き出していった。その知性と行動力は飛び抜けて優れている。美大出身の彼女がパーマカルチャーを学んで畑を耕したり、コンポストトイレを作ったりしたのを聞いて、驚いたり感心したりしたことは記憶に新しい。そしてそれが最終ゴールかどうかは分からないけれど、いまは絵やデザインの制作の仕事をしつつ、長野県安曇野市の穂高養生園という施設の企画広報の仕事を担当している。

穂高養生園:http://www.yojoen.com/

この施設は、食事、運動、リラックスという三つのアプローチによって人間の自然治癒力を高める手助けをしているそうだ。そのアプローチはまさにわたしが砂漠人によって個人的に施された治療そのもの。そして驚いたのは、砂漠人自身が運営したいと話していた施設を、穂高養生園が日本で実現していたことだ(砂漠的ではないけれど!)。紆余曲折した彼女は今そこにたどり着いて、自然について深く学び、楽しんでいるに違いない。
この先またお互いの人生がどのように変化し、どこで再び交わるかは未知数だけれど、きっとどこかで… と思っている。

コメント

退職した後昨年までの3年間、春と秋に車中泊で本州へ通算5ヶ月以上旅と登山で回りました。
安曇野の「道の駅」が一番気に入って何度も利用しました。
アルプスの山並み、湧水の美味しさ、豊かな田園風景、何時までも滞在していたいような所でした。
穂高養生園がそんなところにあるのも得心がいきます。
お友達が充実した日々を送っている様子が想像出来ます。

そうだったんですか!
わたしは行ったことがないのですが、話を聞いても写真を見ても、
かなりの森があるようでうらやましいです。「日本」とひとことで言っても、
自然環境や人々の暮らし方は驚くほどの幅がありますね。
大多数が都市部にいるので忘れがちですが、ブログで個人の生活を
垣間見れるようになってからは驚くことばかりです。

コンニチワ。
こんなふうに書いていただくと、ちょっと恥ずかしくて、
鼻の下に三本髭を描いて毎日過ごしています。
園にいらして、髭三本が私だと思って下さい。(うそです)
でも、ほんといいところなので、遊びに来て下さい~
ありがとう!

さわ
ヒゲ三本、ほんとおかしいから!!
そのユーモアも見習いたいものです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sabakujin.blog55.fc2.com/tb.php/865-1ec00221
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

kumoki

Author:kumoki
砂漠人に学ぶナチュラルライフ
English readers click here

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。