2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋深まる

秋といっても、ヨーテボリの街を行く人の服装はまるで(東京の)冬のようだ。この気候に服装を合わせるのが未だに下手なわたしは、薄手の上着を来て出かけては、凍えている。

DSC_0117_20111025041729.jpg

日本への旅行から戻って以来、砂漠家(うちのことです)には少し環境の変化があった。砂漠人は自営の会社を休業し、羊たちの世話をするため砂漠へ帰ってしまった。わたしは一人静かにヨーテボリでの余生を送っている。なんちゃって。10月末には夏時間が終わり、これから暗くて寒い冬に入っていくので、気持ちが重くならないようしっかり森に通ってバランスを取ろうと思っている。もっとも、わたしはスウェーデンの冬で気持ちが落ち込んだことはないと思うのだけれど。

DSC_0124_20111025041804.jpg

朝早く森を歩いていると、子鹿に出会うことがある。英語では moose というヘラジカを見かけることもある裏山の森だが、地元のおじさんに聞いたところによると、ここは野生動物が隣町の森に抜けるための通り道になっているのだそうだ。

DSC_0126_20111025041847.jpg
こちらはわたしが森に抜けるための通り道

DSC_0128_20111025041928.jpg
(写真はすべて10月23日に撮影。サクラの赤い葉は一週間後にはほとんど落ちてしまった)

コメント

秋の色がとてもきれいな写真だね!ここモントレーはあんまり紅葉きれいじゃないんだ。

 えっ、砂漠人さんが家出?・・・じゃないですよね。
それにしても、砂漠人さんの行動は、大陸的というか、ダイナミックですね。
 一人生活を楽しみ、留守を守ってあげて下さい。
 落葉がきれいですねえ。
いかにも北欧の色合いですね。
 紅葉の美しさを、日本では「錦秋」と言いますが、そちらのお国ではどのように表現するのでしょう。

よしこさん
モントレーは、寒暖の差があまりないということなのかな。
木々はもうだいぶ葉が落ちて、枯れた並木が少しずつ増えてます。
またすばらしい季節が始まりま~す e-440

森に暮らすひまじんさん
ハッ、家出だったのかも? 気づきませんでした~
いえいえ、これも意を決しての結果だったのです。
羊の事業がもっとうまくいくよう、わたしも陰ながら支えられたら…
と思い、ヨーテボリでがんばっております。
(ま、一人暮らしは決して苦手ではないんですけど!)

さすがにスウェーデン語での秋の表現は知りませんでした。
でもヨーロッパの紅葉は、錦というより黄色から濃いオレンジ色にかけての色合いが印象的です。

赤い葉っぱがきれいですね。コロラドでは黄色はあるけど、赤はあんまりないです。
1人で秋から冬へかけての自然の変化を堪能されてくださいね。
私もちょこっと一人暮らしがうらやましいです。
でも、今年の3月末、相棒と暮らし始めてから、
この暮らし楽しんでいますが、1人の時間がちょっと足りないなと思っています。
でも、やっぱり相棒がいる(側じゃなくても)ことには助かっています。

秋色ですねー

モントレー、日本、コロラドなど、各地の秋情報が聞こえてくる砂漠人ブログ。
グローバルですねー。
フロリダではこんな真っ赤な葉っぱ、なかなか見られないです。
でもやっと秋らしくなってきました。
高く澄んだ空が美しく、
朝の涼しい空気や、日中の湿気のない過ごしやすい気温に、
毎日、深呼吸しています。

砂漠人、いよいよ羊に専念!
どんなお土産話が聞けるか、楽しみですね。

薄着して、風邪引かないでください!

紅葉が美しいです。
この森で鹿を見ることが出来るのですね。
鹿なら良いのですが、何と千歳市内でヒグマが目撃されるようになり、とうとう我が家から数軒先にあるMさん宅の風除室のガラスが割られ、TVで全国放送されました。
今年は餌のドングリが大不作が影響しているとのこと。
住宅街では銃が使えないので檻で捕獲を試みていますが、この一月成果なしです。

あの青葉公園の散歩に鈴を付けています。
樽前山も今月の25日にゲートが閉じられ、山も冬眠です。
風邪にお気を付けてお過ごし下さい。

ボーダさん
砂漠人は大家族でワイワイ育っているので、一人で暮らすことに耐えられないそうです。
わたしはやっぱり一人の時間も必要だと実感しました。
そうでないと、なにかがたまって爆発しそうになるのです。
一体なにがたまるんでしょうね、、、

フロリダ娘さん
お気遣いありがとうございます!
さすがに暖かいフロリダでは紅い葉は稀なんですね?
こちらの赤は、日本のような濃い赤ではないんですよ。
でもわたしはヨーロッパの色合い、好きです。

深呼吸って、大事ですよね。
最近、緊張からくる頭痛がしていたのですが、
原因は呼吸が浅くなっていたことだと気づき、驚きました。
深呼吸を心がけたらなくなったんですよ!

tarumae-yamaさん
千歳のクマ騒動には本当にびっくりです。
クマ相手に檻とは、なんとも頼りないですねえ。
でも怖いもの見たさなどといわずに、お気をつけください!

樽前山も冬は閉山になるんですか?
去年雪山を登られていたのは、春だったということですね。
tarumae-yamaさんもお体にお気をつけてお過ごしください。
奥様にもどうぞよろしくお伝えください!

森への抜け道、があるところにお住まいとは・・・素晴らしいです!

変化って、自分で起こすこともあるし予想外に起こってしまうこともありますが、それは季節のようなものなのかも・・・ 葉が色を変えるみたいに、人をつよく優しく育ててくれるのかもしれません

森を行き来するシカのように自分と世界との間を真摯に生きているkumokiさん
その足跡はきっときれいなタペストリーのようでしょう

蜜柑さん
「森を行き来するカモシカのように」
そんなふうに生きたいと思いました。
わたしの人生のタペストリー… を想像してみましたが、
いくつか穴が空いています。まったくきれいではなく、
自分でもがっかりですよ、、、 ただ、織り目正しくとはいかなくても、
これからは穴だけは作らないようにしたいです。

変化を季節のように受け入れる… その考え方、いいですね。
蜜柑さんの言葉にもいつもはっとさせられます。
自分にはない、別世界からのお告げなんですから。

それから、昨夜『Dancer in the dark』を観ました。
蜜柑さんの現実との付き合い方が「主人公と似ているかも」と
書かれた意味が少し分かったような気がしました。
主人公の情緒は、現実主義的(?)なわたしには衝撃でした。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sabakujin.blog55.fc2.com/tb.php/880-d8a0ea63
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

kumoki

Author:kumoki
砂漠人に学ぶナチュラルライフ
English readers click here

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。