2017-03

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アビスコでオーロラ狩り・その2

4泊する予定のアビスコで、オーロラ出現の兆しがまったくないまま3日が過ぎ、わたしたちは最後の夜にすべてを賭けていた。アビスコには、標高1,191メートルのヌオリヤという山があり、その上にはリフトで上ることのできる「スカイステーション」がある。スカイステーションは小さな展示室を併設した暖炉のあるラウンジなので、そこで暖を取りながらときどき外に出てオーロラを観賞できるという便利な施設だが、690SEK(リフト)と値段も高い。わたしにはオーロラが見える確率の低い曇りの日に上ってみる勇気はとても出なかった。

DSC_0101_20111219071536.jpg
ヌオリヤ(Nuolja)山

でもその日の夕方は晴れていたので、わたしたちは大きな期待を胸に、スカイステーションに上ることを決めた。そして20時開店のリフト入口へ向けて、宿泊先から約2kmの散歩道をひたすら歩いていた。道すがら北の空をみると、どうもそれらしい筋が見えるような気がする。それまで三日三晩、オーロラを期待して空を眺め続けたので、二人とも一筋の雲でさえオーロラに見えてしまうような目になっていたのは確かだが、その筋はこれまでと違うような気がしてならない。なんというか、ベルトのような筋だったのだ。「これは、出るよ!」「わきゃー!」とわたしたちは興奮のあまり大声を出しながら、リフトへ向かう足を速めた。いつ緑色のベルトが出現するか分からない状態なので、夕食も諦めて外で待機することに。
リフト入口の少し手前で、ふと思い立って空を撮影してみることにした。それまでのアビスコ滞在中、偶然出会った日本人の男性から「肉眼では見えなくてもオーロラは写真に収まることがある」と聞いていたからだ。そして最初に確認したのがこの一枚。

DSC_0130_20111219071604.jpg

なんと緑色の光は出ていた。スカイステーションでの観賞と写真撮影の大成功を予想させる、夜7時過ぎのことだ。あとはもう、オーロラの形が見たくてひたすらシャッターを切るわたし。

DSC_0136_20111219071628.jpg

DSC_0138_20111219071653.jpg

DSC_0141.jpg

DSC_0146_20111219071752.jpg

この一連の光は、ほんの10分の間に現われて、消えていった。肉眼で見えたのは、写真で見えるリングの前後が重なった緑色の濃い部分だったと思う。ただし、うっすらと緑色が確認できる程度。そしてそれが、わたしたちが目にした最後のオーロラとなってしまったのだ。9時頃にはスカイステーションに上ったものの、途中から次第に霧が濃くなり空も曇ったので、以降のオーロラ出現の望みは薄そうだと感じた。こんな空にどうしてオーロラが見えようぞ。

DSC_0198_20111219071825.jpg
北の空

結局、ヌオリヤ山から見下ろすアビスコの街を撮影しただけで、この夜は山を下りる時間が来てしまった。夕方の期待と興奮は空しく消え、下りのリフトに乗る人も乗せる人も、みな無口だった。

DSC_0195_20111219071856.jpg
ヌオリヤ山から見下ろしたアビスコの街の灯り

さようなら、アビスコ。でもわたしは写真が撮れたので、ある程度満足だ。もちろん、もう一度行くチャンスがあれば、ぜひ行きたいと思うけれど。

コメント

おはようございます

オーロラ狩り。なんて素敵な言葉♪
うっふっふ。いっそ切れ端(しっぽのあたり)を捕まえて・・・な~んて楽しい想像もしてしまった。
肉眼でオーロラがど~んと楽しめなかったのは、少し残念でしたね~^^;
でも、この写真のオーロラも素敵です。

オーロラの写真もさることながら、他の写真も、私の感じてる冬より、数十度温度が低い感じが・・・・
空気のキーンと凍った様子って、美しいです。^^

寒い中、外で歩いたり写真を撮ったり、お疲れさま~~
最終日に少しでも見られてよかったですね。でも、写真のほうがよく見えるとは知りませんでした。写真は幻想的な感じでとってもきれい。

友人の友人です。
続報お待ちしておりました!
アビスコとは、ナビスコみたいで親近感のわく地名ですね。
地図見てものすごく北でびっくりしましたが。

しかし、プチ・オーロラとはいえ、見れたんですねー
写真撮れてますね!
行った甲斐があってなによりです。
また楽しみにしております!

 はい、しかとオーロラ(らしき光)の写真を拝見しました。
確かに、テレビで何度も見た緑色です。
もっと北へ行けば、頭上にオーロラが見られるのでしょうね。
世界の多くの人たちが、死ぬまでに一度は見たいと思うオーロラ。
幸せだったですね。おめでとうございます。

おお!
しっかりオーロラが写ってるやないですか!
良かったですね。
2、3枚目などはオーロラのカーテンが見えてますので、オーロラのベルトだけではないですね。
私の写真より随分といいですよ。

マダムさま
砂漠人がマダムのコメントを翻訳して読んでいて、
「これは誰だ、詩人か?」って言いました!
驚きながらも「そう、詩人だよ!」と即答しましたよ。
切れ端をつかまえて… わたしは発想すらできません。。。

ボーダさん
ありがとうございます!
写真に写ったことで一安心しましたが、やはり「もっと見たい!」
という気持ちも湧いてしまいます。
じつは今も毎晩、ここでチェックしてるんですよ:
http://www.auroraskystation.com/live-camera/9/
ときどきすごいのが見られます。

kumaさん
ナビスコ! 親近感が湧くのはそのせいだったんですね。
スウェ語の発音は長母音なので「アービスコ」って感じです。
さわからの報告もぜひ聞いてください。
けっこうおかしいですよ~ 
彼女はすごい写真を撮ろうと思っていたようですが…

森に暮らすひまじんさん
ありがとうございます!!
かすかな光でも、たった10分でも、見られてよかったです。
これで収穫ゼロだったらとてもがっかりして、
日頃の行いを振り返るところでした。
最終日はほとんど振り返りましたけどね。

おおお! 瀧さん!
コメントありがとうございます。
はい、写っていました!
もしお話を伺っていなかったら、確認のために撮影していなかったと思います。
本当にありがとうございます。
ここに載せたのは撮ったままですが、フォトショップで加工すると
カーテンがもっとくっきり見えました。
次は砂漠で星空の撮影を勉強します!

おかえりなさい

本当に「狩り」でしたね。

オーロラという神秘的な現象を実際に目にして、写真に収めてきたKumokiさんまでが不思議さんに感じてしまいますよ。
星空の写真も見ましたが、綺麗ですね。
でも砂漠の方が「降るような星空」かな?

久しぶりに雪景色の写真を見て、故郷の新潟を思い出しました。
雪を踏みしめる感覚や、顔が痛いくらいの寒さと澄んだ空気を懐かしく思います。
と、書いている私は半そで。
今夜は窓を開けていたいくらいの温度です。

すばらしいサイト!
なんだかハマっちゃいそうです。
「すごいの」が見られるまではやめられそうにありません。

フロリダ娘さん
砂漠の星空は、アビスコの比ではないです。あたりに灯りがないので、
星がものすごく近く、天井のライトかと思うくらい明るかった印象があります。

え、半袖?
わたしラップランドより砂漠より、フロリダに住みたいです。。。

ボーダさん
そうなんです。毎日見てしまいます。
ところで一つ前の記事にいただいたサーミについてのコメントですが、
少し返信しました。まだご覧になっていなければ、どうぞ!

はじめまして

11月中頃にヨーテボリに行ってきました。
大きな都市にも関わらず、落ち着きがあって、とても気持ちが緩んだのを思い出します。
帰国後、ネットで調べてこちらのサイトを発見、過去のログも楽しく興味深く拝読させていただき、スェーデンについて私の見識が少し深くなったように思えます。ありがとうございます。

オーロラ、一度でいいから見たいものだと願っていますが、運もあるようですね。

ところで、もし教えていただければありがたい事があるのですが、ショッピングセンターでLagerhausという家庭雑貨の店を見て面白いな~と思いました。ラッピングやパーティー用品、インテリアまでいろいろな商品があったのですが、地元の消費者はどんな位置づけをしているのでしょうか?値段が手ごろなので、日本でいえばafternoonteaのような感じなのかな?カラフルな無印良品なのかな?とか、何が魅力なのでしょうか?
厚かましいお願いですが、教えていただければ大変ありがたく存じます。

さぶさん、こんにちは。
Lagerhausですが、さすがに地元消費者の意見は知りません!
ただ無印良品は、Åhlénsというブランド物のデザイン商品を置いているデパートに入っているので、Lagrehausより格が上なんだと思います。外国のブランドなので当たり前ですかね?
ところでアフタヌーンティーって、値段が手頃でしたっけ? 忘れてしまいました、、、
力になれず、すみません。。。

感謝します

ぶしつけな質問にお答えくださり、ありがとうございました。
ロ-ゲルハウスはアフタヌーンティーよりも手頃だと思います。ライフスタイルの違いもあるのでしょうが日本にはないタイプだったので興味津津でした。

ヨーテボリには、記述されている植物園やイルミネーションが綺麗なテーマパークもあるようですね。
機会があればまた訪れてみたい町です。

クリスマスイブの21:30ごろ一度かなりきれいになりましたよ~~

さぶさん
テーマパークはリセべりのことですね? わたしはもうすぐヨーテボリを離れるので、
ついに行きそびれてしまいましたが、大人でも楽しめる場所のようですよ。

ボーダさん
ンフフフ、見てましたよ!
運のいい人たちがいるものですね~
たとえ一泊でも見れる人は見れるんですものね。

pGinzUjuLEoRuTox

2, http://accessforgrange.com/churches lipitor, http://dungeonzombie.com/author/zombiechan51/ buspar testimonials, http://sarahemullally.com/author/s

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sabakujin.blog55.fc2.com/tb.php/912-ceac122e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

kumoki

Author:kumoki
砂漠人に学ぶナチュラルライフ
English readers click here

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。